京急1500形 今では一番京急で古い車両!

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


京急1500形も今では一番古い車両となりました。前年には800形、もう少し前には2000形が引退しました。普通から快特まで幅広い運用に入り、浅草線にも直通します。
以前マイクロエースから2種類発売されましたが、違いは床下でしょうか。ちょっと違いがわかりません笑 800形も1月に発売がありました。そう考えてみると2000形の製品化が最近無いですね、、
現在コロナショックでマイクロエースは大幅な出荷延期になっているので、次いつ発売されるのか未知数ですね、、ポポンデッタもそうです。
京急に乗るとなると2扉車が来るのを待つ傾向にありますが、1500形もいつまで残るかわからないですね、、今のところ新車の導入情報はありませんが、新1000形の増備はありえます。今のうちに乗っておかねば!笑
京急の快特は速いのが売りですが、実際品川までどっちが早いんでしょうね~、品川の手前で鉄橋を渡るあたりで大きく減速するので、その辺で同じくらいになるんでしょうか。運賃は私鉄の方が安いですね!! 京急の車両の入れ替えはだいたい新しいのに変わったんですが、JRは武蔵野線や八高線、上野東京ライン、横須賀総武快速線などはまだ古いままですね、、5月から横須賀総武快速線にはE235系を順次投入とありますが、あれだけの本数を変えるとなると、当分時間がかかり、そこから上野東京ラインへ投入といった流れなので、まだ先の話ですかね、、武蔵野線はやっとE231系が入って時間が経った感じではあるので、路線によって格差があるのが、JR東の微妙なところですね、、そしてやることが遅いですね、、苦笑
とはいえサフィール踊り子は相当人気みたいなので、そこに力を入れているんだと思います!
サフィール踊り子もKATO、Tomix両方から製品化の可能性大ですね!! ロイヤルエクスプレスまで製品化、、なんてことがあればいいのですが!

それではまた!!

コメント