名鉄6000系 名鉄の話4

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


名鉄6000系はなんとなく国鉄の車両に似ている気がします。キハ58にも少し似てるような、、?
ただそれに赤だと違和感がすごいですね!笑 まだまだ本線など全域で活躍中です。

名鉄には東枇杷島を出ると枇杷島分岐点というのがあり、そこで犬山線と本線が分かれます。ただ信号場で二線×2に分かれるので他にあまりなく珍しく、ダイナミックでもあります。撮影スポットにもなっていたりします。昔は各務原線経由岐阜行きというのも存在し、岐阜に行くのは変わらないものの犬山線・各務原線経由か、本線を通るかという違いがあり、誤乗車にもつながっていたと思います。また枇杷島分岐点の先の西枇杷島には2面4線あるものの屋根が全くないというお客さんに優しくない駅でもあります、、ですが屋根がつくことがだいぶ前に決まり、名鉄も徐々に変わっている気がします。

犬山線の西春駅の近くには名古屋空港があり、昔はそこがメインのターミナルでした。今は中部国際空港セントレアに移っていますが、今は名古屋空港は貨物がメインだったかと思います。
また犬山駅の先の犬山橋は道路と線路一体の橋だった時期があり、特急がミュージックホーンを鳴らしながらゆっくり走る姿をビデオで見たことがあります。今は分離していますが、面白い橋だったと思います。
犬山駅からは明治村やリトルワールドといった観光スポットに行くことができます。明治村には昔の路面電車が再現されています。

名鉄には面白いところが多いですね!

それではまた!!

コメント