大学受験勉強のオンライン化進む! 予備校について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大学受験をするのに予備校や塾に通う人は多いと思います。私も昔通っていましたが、当時は東進がDVDの予備校であるくらいで特に目立ちませんでした。ですがだんだん塾業界も変化し大手の代ゼミは大学受験の業界から撤退し、河合塾もマナビスを立ち上げ、DVDの講義を展開するようになりました。確かに、対面の授業だとカリキュラムも年間通しの計画なので、終わるのが受験の直前ということになってしまいます。ですがDVDの講義にすることで、自分のペースで受けたいときに受け、早く進めたい人は学校の授業や対面の授業よりも早く終わらせることができます。こう書くと宣伝のようになりますが、実際コストの面以外はオンラインの方がいいような気がします!

浪人するとなると話は変わってきますが、浪人するとクラスの授業担当の講師を選べないなど、デメリットもあるので、ここは業界が変化していく必要があるのかと思います。コロナで大学の授業もオンライン授業があったので、また後々変化していく可能性はあると思います。

浪人のクラスでいえば教科担当は選ぶことができ、クラスは設置するといった柔軟なものもありなのかとは個人的に思います。それぞれで合う合わないはあると思うので、予備校選びから慎重になるべきかと自分の経験では思います。

予備校や塾をうまく活用するという観点が大事だと思います!!(^^)

それではまた!!

コメント