特急かもしか 違ったカラーリングの485系

スポンサーリンク
JR東日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク

485系電車で運行されていた、かもしか号。 (2007年9月15日 青森駅)
写真:Wikipediaより
特急かもしかは秋田~青森間を485系3両の身軽な編成で結んでいました。元々山形~秋田間のこまくさがありましたが、山形新幹線新庄開業で廃止され、同じカラーリングの車両が使用されました。今は同じ区間をE751系4両のつがるが運転されています。
3両の身軽な編成ですがグリーン車もついており、津軽地方の輸送に活躍しました。もともと特急たざわで使用されていたものを短編成化したものらしいです。白神山地に生息するかもしかが特急名の由来となっており、ヘッドマークにも描かれています。このカラーリングはなかなかいいと思うんですが、なかなか模型メーカーも出しませんね! マイクロエースがこまくさとして出しましたが、今や在庫切れで再生産の予定もあるのかないのか不明なので、他のメーカーで出てほしいですね。KATOも701系秋田色を出すので、それに乗っかってトミックスが出してくれればと思います。
東北地方や信越地方では多くの485系が活躍し、リニューアルされながら使用されました。485系の3000番台とかはかなり改造されていますね。乗り心地は悪いと思うので、なんともいえませんが、今は新幹線や後継車両に任されています。

コメント