103系 鶴見線 海芝浦行き 鶴見線の話

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


鶴見線は首都圏の中でも違ったローカル線で有名かと思います。昔は一面こげ茶色の列車が走っており、それから103系の黄色が導入され、今は205系の改造車が導入されています。蓄電池車両ひばりも来年から試験を実施するような感じだったかと思います。鶴見線にも変化が訪れそうですね!

朝や夕方の通勤時間帯をメインにダイヤが組まれており、日中は本数は少ないです。また海芝浦方面と大川方面、扇町方面と三方向あり、特に海芝浦駅は海に面していて、駅の外は関係者立ち入り禁止なので降りれないという異質な駅でもあります、、笑 浜川崎からは南武支線に乗り換えることができ、今は205系改造車2両で運転されています。ちょっと前に小田栄駅ができましたが、あまり目立ちませんね、、

103系には写真の標準タイプと高運転台タイプがあったと思いますが、前面形状以外にその世代という訳では無いので詳しくは知らないですね、、模型化されるときは103系もトミックスが細かく作り分けしています。
よく考えてみたら鶴見線の205系や南武支線の205系は製品化されていない気もします、、灯台下暗しですね!笑

コメント