E653系 フレッシュひたち 常磐線特急の変遷

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Jreast 653.jpg
写真:Wikipediaより
常磐線特急はスーパーひたちが主力でフレッシュひたちが補佐のような形で運行されていました。フレッシュひたちはE653系が使用され、常磐線沿線の観光資源をイメージしたカラフルな色の編成があり、青は太平洋だそうです。他にも偕楽園の梅をイメージしたピンクやひたち海浜公園の水仙の黄色もありました。上野駅の特急専用ホームにいる姿は存在感があり、ホームに入るには特急券を見せないといけませんでした。シートも割と派手だった印象があります。違う色の編成と連結するとまた面白いですね!

模型ではマイクロエースが早い段階から製品化していましたが、後にグリーンマックスが製品化するとマイクロは再生産もしなくなりました。グリーンマックスが製品化したのはわりと最近ですが、マイクロエースは本当に昔だったと思います。

その後常磐線特急にE657系が入るとスーパーひたちからひたち、ときわになり、E653系は羽越線特急いなほと信越本線の特急しらゆきに転用され、また新しいカラーリングで活躍しています。またスーパーひたちで使用されていた651系は赤い帯が追加され、草津やスワローあかぎで使用されています。651系はJR化されて初めて東日本が製造した車両だからなのか長く使われています。ですが数年で置き換えの可能性もありますね、、ホビーセンターカトーが草津、スワローあかぎタイプは製品化していますが、今は在庫が無いですね、、KATOから出ればいいとは思うんですが、、

コメント