E231系500番台 中央総武緩行線

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


中央総武緩行線はE231系と209系が使用されていましたが、山手線のE235系導入に伴い、山手線で使用されていたE231系500番台が黄色の帯をまとい、転属されました!
500番台や800番台は他のE231系と前面が異なり、また500番台は車内ディスプレイも付いています。東海道線や八高線などで使用されるE231系には付いておらず格差がありますね、、

昔は6ドア車という懐かしい混雑緩和車両が付いていましたが、ホームドアの推進により廃止され、今では見ることはなくなりました。その代わり着席サービスが増えたように感じます!
山手線時代を知っているとウソ電のようで、なんだかしっくりこない感じもしますが、過去にはE217系湘南色もあったので、いろいろですね!笑

新宿駅から代々木駅まではすぐで、新宿5・6番ホームからは駅が見えるくらい近いです。代々木駅も面白い駅の構造をしており、3面4線だったと思います。この前のダイヤ改正から中央快速線の夜などの各駅停車は無くなり、わかりやすくなりました! 黄色が各駅停車で、オレンジが快速と区分けされててそれだと、よくわからなくなるので、よかったと思います。

お茶の水~錦糸町までは独自の路線で、三鷹~お茶の水までは中央線の各駅停車、錦糸町から千葉までは総武快速線の各駅停車の役割を果たしており、ちょっとややこしい路線ですね。また地下鉄東西線も乗り入れます。

E231系500番台が投入されてから、これからの動きは当分無いような気もしますが、サービスの向上にはなっていると思います!

それではまた!!

コメント