名鉄3700系 名鉄の話 その1

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


名鉄の3700系は他の3100系、3500系と外観はほぼ同じで区別は表示されてる形式番号で判断することが多いです。名鉄の標準的な顔立ちで、車内はロングシートの通勤型です。一部特急色に変更されてるタイプのレア車もあります!
普通から特急まで幅広い運用につきますが、特急の場合増結か全車一般車の特急になります。
名鉄の種別は昔、普通・急行・特急の三種類しか無かったのですが、セントレア開業あたりで、種別に準急と快速急行、快速特急が登場しました。なんだか同じ赤色で快速特急は京急のようですね!
また豊橋始発のセントレア行きの特急もありましたが、その場合金山で折り返し、空港へ向かっていました。今はあるのか不明です。
名鉄といえば名古屋駅のカオスな感じが有名ですが、ラッシュとなると次から次へと列車が来ます。名古屋本線と犬山線、空港線などさまざまな方面の列車が2線で発着するので、居ると楽しいですが、将来的には2面4線となるようです。対して近鉄はかなり広いので、対照的ですね!
名鉄名古屋駅ホームには吉野家やコンビニがあり、狭いですが充実しています。また乗降ホームが分かれており、時間差で乗り降りするようにドアが開きます。なかなかの工夫ですね!

名鉄にもシルバーの車両が登場するようになり、赤い車両と混ざって活躍中ですが、だんだん赤い車両も淘汰されていくのでしょう。京急みたいにステンレスに色を塗るというやり方もありますが、、笑

名鉄は色々面白い路線だと思います!

それではまた!!

コメント