四国7200系 四国の通勤列車

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


四国7200系は元々国鉄121系でしたが、リニューアルと同時に形式も改められました。水色の帯にスカートなしが特徴でしたが、今は赤に黄緑と白のラインが入っており、サイドにはECOと大きなロゴがあります! 車内もロングシートとクロスシートの共存で、改造の際にクロスシートが千鳥配置になりました。また窓のところに行先表示が埋め込まれ、前面の行先表示もLEDにされました。昔の形態と比べてかなり印象が違うと思います。電車なので、電化区間のみを走ります。確か瀬戸大橋線には入っていなかったような気もします。

基本的には2両編成となっており、増結はあったと思いますが、ラッシュのみだと思います。
隣に映っているN2000系は高徳線特急うずしおから引退しましたが、予讃線の左端の特急宇和海に大半が移籍したようで、2000系青帯車と共に活躍しているようです!

四国の特急はわりと本数が多い印象があります。L特急の時代のようですね! 特に岡山発着のしおかぜと南風、高徳線のうずしお、予讃線の宇和海はかなりの本数が走っていますね! 今度11月にNゲージでKATOからN2000系が出るので四国シリーズが揃ってきました。

九州シリーズも増えると面白い気がします。783系はマイクロがやっていますが、値段も下げてクオリティが高ければいい線いくと思います! 今月デビュー予定の36ぷらす3は出てくるんじゃないかなと思います!

新しい製品と実車の新車の比重が合わなくなってきたので、模型メーカーはどういう方向にいくのか気になります、、

それではまた!!

コメント