四国8600系 いしづち オールモノクラス編成!

スポンサーリンク
JR四国
スポンサーリンク
スポンサーリンク


8000系のしおかぜ・いしづちは非貫通先頭車がありますが、8600系はオール貫通型プラスいしづちはオールモノクラスになっています。グリーン車はしおかぜには付いているようです。
四国の最近の新型車両は大胆なデザインのものが多く、今までの2000系や8000系とかなり違いますね! ヘッドマークも全て電子式となっており、あまり特急らしさが無い気もしますが、、

考えてみればヘッドマークの時代は終わりつつあるのかとも思います。国鉄型の485系や183系など多くの特急列車がL特急として走っていましたが、L特急の表記も廃止され、ヘッドマークもあまり見かけなくなりました。JR東海の特急は小さいですが、ほとんどヘッドマークはありますね!

平成世代の特急の世代交代が徐々に進んでいることを実感します。来春で185系踊り子は引退でE257系になったり、湘南ライナーの廃止など、年々変化していますがなんだか寂しい気もします。
おそらく651系の草津・スワローあかぎも何かのタイミングで置き換えになるんだと思いますが、JR化して初めての形式なので、やはり時代が変わってきたなと思います。JR西日本の681系も2024年頃から置き換えが始まるようです。ちょうど北陸新幹線の敦賀延伸くらいですね、、

鉄道模型ではメーカーが製品化してくれる限り残りますが、なかなか再生産が無いなど微妙な面はありますが、家で楽しむことができると思います。

これから鉄道業界もどんどん変わっていき、古いものは淘汰されていくとは思いますが、廃止されないうちに記録しておきたいですね!

それではまた!!

コメント