高知への旅 2000系南風に乗る

スポンサーリンク
JR四国
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は少し前に行った高知への旅行の記録を書こうと思います!
四国2000系の南風が無くなるのではないかとの予測で乗ってきました。実際ダイヤ改正で南風としまんとは2700系だけの運転になることがわかりました。2000系の淘汰があまりにも早いペースで進んでいると思います。
岡山までは新幹線で行き、降りていつもの撮り鉄をしたのち、2000系の特急南風に乗り込みます。

南風は3両編成で非貫通型には半室グリーンがついています。2000系では幕式のヘッドマークが見られます。ディーゼルなので微妙に揺れますが、それがまたいい!!
児島からは瀬戸大橋を渡り、島々と海を眺めながら案内放送を聞いていました。日が水面に反射していました。
瀬戸大橋を渡ると宇多津、丸亀、多度津と止まり、そこから土讃線に入ります。そして善通寺、琴平と止まり、琴電の線路が見えます。そこから土讃線の山の中へと突入し、振り子を存分に生かして速度を上げながら、秘境駅坪尻を通過し、阿波池田に到着します。阿波池田は特急剣山の起点駅でもあります。

そこから大歩危までは吉野川を横目に山の脇を通り、トンネルも多かったです。大歩危も割と秘境駅に近いです。そこからまた山越えをしたのち、平野になると、土佐山田、御免と停車し、終点高知に着きます。高架2面4線の駅で、近代的でした! 接近メロディーはアンパンで、やなせたかしワールドになっていました笑 アンパンマン列車や南風とも何度も行き違いをしており、南風はかなりの本数が出てると思いました。


高知駅


高知から先に行くには特急あしずりが出ており、窪川、中村方面に足を伸ばせます。
駅前には坂本龍馬の像がありました!


駅前にはとさでん交通の路面電車の駅があり、そこからホテルを目指します。はりまや橋まで乗り、そこから歩きでした。

帰りも2000系南風に乗ることにしていたので、時間があり、駅のお土産屋でかつおめしを買いましたがすごくおいしかったです!
そこからまた2時間半くらいかけて岡山に戻り、新幹線で帰路につきました。

かなり時間はかかりましたが、2000系南風に乗ることができ良かったです。また観光列車にも乗るためにまた行きたいと思います。

それではまた!!

コメント