E5系なすの KATOやトミックスの追記も兼ねて

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


E5系はE2系に変わる新幹線として登場し、主にはやぶさで使われ、大半がこまちと盛岡まで連結して走りますね。北海道新幹線開業時にはH5系も登場し、こちらは紫の帯で、E5系はピンクの帯で分かれています。車両の都合でなすの等にも運用されることがあります。なすのは元々新特急として登場し、それが新幹線になった歴史がありますね。那須塩原までの各停といったところでしょうか。それ以降の駅はやまびこが担います。昔は東北新幹線でもMaxが使用されており、MaxやまびこやMaxなすのがありましたが、10月1日をもって運用を終了します。2階建て新幹線が無くなるのは寂しいですね。。
KATOからE5系の再販の案内がありましたが、トミックスが215系の製品化をぶち上げたので、KATOが追っかけで生産するのかもしれないと思いました。117系のような競合になるかもしれませんね。ただバリ展ができないので採算がどうかわかりませんが、けっこう売れるんじゃないかと思います。来月のKATOの発表を楽しみにしたいと思います。トミックスはDD51の米子運転所を発表したところからすると寝台特急出雲関連で何かでるかもしれません。また九州の485系も出たので、ハウステンボスのM-13化やひゅうがカラーの3両もいずれ出るかもしれません。

コメント