鉄道の自動運転化へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JR西日本の大阪環状線では深夜に自動運転の試験が行われているようです!

運転士不足と大量退職が迫る中、自動運転システムの開発・試験を行わないといけないようです。

運転士は終電で仕事が終わり、仮眠を取り、自動でベッドが動く目覚ましで起床し、始発の運転に向かうということもあるようです。かなりの激務ですね、、

また運転士になるためには、駅係員→車掌→運転士のようにステップを踏まなければならず、なるのも難しい上に激務だと人手が足りなくなるのも分かる気がします。

またJR九州の香椎線でも自動運転の試験が行われており、ボタン操作で出発から停車まで行えるようです。

考えてみれば、ゆりかもめやシーサイドラインなどは鉄道では無いですが、自動運転になっているので、この先普及しないことはないのかなぁと思います。

自動運転の他に24時間運転も議論がなされていますが、終電を無くして帰れない現象に何度も遭遇したので、1時間か2時間に一本くらいは走らせてもいいのかと思います笑

それにも線路の保守や貨物との兼ね合いがあるので、難しいようですが、、

それも自動運転になって、運転士の負担が無ければといったところですかね!

これからの鉄道はICTとのつながりが大きいようです!

それではまた!!

コメント