289系 特急こうのとり 681・683系の変遷

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


特急こうのとりは287系と289系で運転されており、289系は元しらさぎやサンダーバード、北越急行だったかと思います。この辺は色々な転属経緯があるので難しいですね! 北越急行スノーラビットは681系と683系を保有し、特急はくたかとして越後湯沢から金沢を結んでいました。681系の方は再びJR西日本へと売却され、特急しらさぎなどでまだ活躍しています。元々しらさぎは683系での運転でしたが、ビッグXネットワーク方面や特急くろしおへと運用が回り、直流対応をした後、289系と改称し、こうのとり等はエンジ色、くろしおは水色へと細いラインカラーを入れ、活躍しています。
最近のラッピングでは金色の塗装が施されており、ドラマ麒麟が来るの明智光秀ゆかりの地に合わせて、沿線を走っています。見た感じ泉北ライナーにも似ている気がします。

模型では289系はくろしお塗装はKATOから出ていましたが、こうのとり塗装は無いですね、、また287系こうのとりもKATOもTomixも再販しないので、レアな品になってきています。ラッピングはくるのかは不明ですね、、期間が終了したらなかなか需要も上がらないと思います。ラッピング自体はカッコいいので、売れそうな気もするんですけどね!

それではまた!!

コメント