デジタル庁 9月頃設置へ デジタルと社会

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

デジタル庁の設置を含むデジタル法案が5月の中旬くらいに成立する見通しとなり、それに合わせて、デジタル庁が9月頃に設置されます。デジタル庁には民間から500人以上の人材を集めて稼働する予定で、日本のデジタル化を推進するようです。デジタルトランスフォーメーションや人工知能、インフラ等に関係すると思われますが、実際はまだよくわかりません。マイナンバーカードの利用促進も担うものと思います。ただマイナンバーも身分証としてあまりまだ定着していないため、今後の戦略がカギになると思います。それより、もう持っている免許証にICチップを埋め込む方が早い気もしますが、、

デジタルトランスフォーメーション、DXはどんどん進めるべきだと思います。無駄な出社を減らし、どうしても現場で作業しなければならないなどの事由が無ければ、原則リモート勤務にすべきだと思います。JRなどの通勤客の減少はありますが、通勤自体がもう古い文化になりつつあると思います。鉄道事業者はこれからどういった需要があるかを考える必要があるかと思います。

DXが職場環境の改善も促すと思います。職場に人が集まれば仕事で連絡がしやすい反面、トラブルなども起こってきます。また残業を減らす効果もあり、いいことずくしなので、企業は積極的に導入して欲しいと個人的には思います。未だに紙ベースの所もあるので、、笑

また派遣という働き方は無くすべきだと思います。派遣会社も何を基準に仕事を紹介しているのかもわからないという不透明さや不公平さがあり、またいい印象はあまり無いのも頷けます。派遣に関わる問題をテーマにしたドラマもあるなど、社会問題と言っていいかと思います。

これから社会がどうなっていくか分かりませんが、いい方向に向かってほしいと思います。

それではまた!!

コメント