117系 黄色 中国地域色 117系の模型やその他

スポンサーリンク
JR西日本
スポンサーリンク
スポンサーリンク


117系は岡山地区でもまだ活躍していますね。当時新快速だったとは思えない処遇ですが、新快速は223系に譲り、地方ローカルの普通運用を中心に運行しています。模型ではこの黄色はどこも出していませんが、KATOは抹茶色、トミックスは福知山色を出しています。これからスパンを空きながら黄色や東海色、サンライナーなども出てくると思われます。また先月発表があったキハ35系のバリ展で水島臨海鉄道や小湊鉄道も出てくると思います。
117系7000番台のWEST銀河もKATOはまだ出していないので、年末の豪華列車シリーズできそうな気がします。ただ36ぷらす3もやりそうなので、どっちが早いかはわかりませんね。
またKATOの抹茶色はちょっと明るめなので、トミックスが出すならちょっと渋めの色合いにしてほしいです。
もともとこういった地域で色を分けるJR西日本の車両は、コスト削減の一環だったと思います。色分けプラス全体に同じ色を塗ることで、メンテナンスをしやすくしたんだと思います。それがうけるというのもなんですが、、
下関地区にはDEC200系が入ることがわかりましたが、これはハイブリット車両なので、もしかしたら岡山地区にもこういったハイブリット車両が入るかもしれませんね。

コメント