東武30000系 田園都市線から撤退 車両あれこれ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


東武30000系のほとんどが東上線で運用されていますが、田園都市線にも1本ほど在籍していたものがありましたが、最近撤退が明らかになりました。半蔵門線に18000系が夏に入る予定もあり、8500系や03系が運用を減らしていくことと思います。8500系は塗装を変えて、伊豆急行でも走っていますね。またアルピコ交通が東武20000型を導入することも明らかとなり、2022年から一年ずつ4本を導入する予定だそうです。東武のリバティもこれから増備され、200系りょうもうの置き換えもあるかと思います。
東上線においては50070型系統と他の車両の格差が激しいですね。。かなり劣化しているので、東武も古い車両を大事に使っているのだと思います。西武は黄色の列車がだいぶ減るなど、新車になる率が高いと思います。
そう考えると宇都宮線・高崎線・東海道線のE231系はいつまで使うのかが気になってきます。明らかに年季が入っているのに、新車交換の情報もほとんどなく、E235系1000番台が置き換え終わってからという感じだとかなり遅いと思います。上野東京ラインや湘南新宿ラインで、一本でつながっても、乗り通すのは厳しいかと思います。グリーン車のPRをすごいしていますが、ちょっと高いですね、、笑
えきねっとのリニューアルも来週の日曜日に行われ、決済方法が多数になり、JREポイントも貯まるので、なかなかいいサービスだと思います!

コメント