485系きりしま 初期の緑色の車両

スポンサーリンク
JR九州
スポンサーリンク
スポンサーリンク


写真:Wikipediaより
特急きりしまは九州の南の宮崎~鹿児島中央間を日豊本線経由で結ぶ特急で、昔登場時には全面緑色の485系3両が使用されました。それまで赤一色だったのに比べると大胆なチェンジだと思います。その後きりしまとひゅうが用の共通のハウステンボスカラーの3両編成が登場していき、783系が引退すると、現在は787系のみで運転されています。宮崎の鉄橋での撮影スポットは有名なのか、さまざまなところで使われています。確かKATOのポスターにも使用されたと思います。
きりしま自体はマイナーな特急ですが、本数は多く出ており、鹿児島と宮崎のアクセスに貢献しています。
模型ではマイクロエースが昔出しましたが、在庫は見かけませんが、これも485系を多く生産しているトミックスなら出すんじゃないかと思います。またきりしまとひゅうが共通運用も出せるんじゃないかと思います。
日豊本線には新幹線は通っていませんが、鹿児島本線には新幹線が通っているので、鹿児島回りで宮崎に行く方が行きやすいかもしれません。別府・大分に行くならソニックですが、、別府の鳥天は有名ですが、豊後茶屋の鳥天はかぼすポン酢につけて食べるのでさっぱりしていて旨いです! また宮崎ならチキン南蛮が有名ですね! 鹿児島は黒豚でしょうか。
鉄道に乗りに行ったらご当地グルメも食べときたいと思っています。

コメント