特急こうのとり 289系

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

新大阪から城崎温泉などを結ぶ特急こうのとりです。289系は特急サンダーバードやしらさぎで使われていた683系車両を交流用に変えて系統も289系となったものです!紀勢本線の特急くろしおの一部にも289系が水色の帯で運用されています。こうのとりは茶色の帯です。列車本数も多く、京都からのお客さんは特急きのさき、新大阪からのお客さんはこうのとりといった感じで分けられています。

183系が使われていた当時はビッグXネットワークとして、きのさき・はしだて・たんば・文殊・まいづる・北近畿が城崎温泉や天橋立方面の丹後地方の輸送を担いました。山陰本線が城崎や天橋立まで電化されてからそれらの特急がデビューしました。183系のサイドにロゴが貼られており、国鉄色とJR西の独自の茶色と青の色のものが活躍していました。

模型ではTomixが製品化しており、たんば・まいづるは併結させて楽しむことができますね!

一時期は過渡期で381系が振り子機能をあまり活かさずに活躍していた時期もありました! それを経て183系が287系と289系へと変わっていき、現在に至ってますね! JR西日本もいつのまにか国鉄時代の列車が消えて行っていますが、通勤列車もサービスがよくカッコいい列車のため、また乗りたいと思ってしまいます笑

それではまた!!

 

コメント