西武20000系 通勤車のサービスについて

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク


西武鉄道の車両は統一感が無くて面白いですが、この20000系もシックな感じでいいですね! 環境と人にやさしいをテーマに造られた車両で、アルミ車体でできているようです。主に池袋線と新宿線で活躍しています。わりと西武の通勤車両はどれもよくできているなと感じるものが多いです。40000系なんかはかなり次世代の通勤車といった感じで、クロスシートにもロングシートにもできる優れものですね! 京王ライナー用の5000系とかもそんな感じですね!JRは未だにE231系がボロボロになりながら主要路線を走っていますが、私鉄は車両の入れ替えが早いですね!JRは古い車両を大事に使う傾向がありますが、乗り心地や老朽化を考えると、もっと早く新車を入れた方がいいんじゃないかと思ってしまいます笑
E235系が横須賀線・総武快速線に入るのは今年から、東海道・宇都宮・高崎線などに入るのがあと4年後くらいからと考えるとかなり先ですね、、その頃には混雑も解消されているのでしょうか、、先のことは分りませんね笑
特急踊り子にE257系が入りましたが、185系も来年のダイヤ改正あたりで引退で、湘南ライナーやホームライナーが特急化するのではないかと言われています。値段設定が高くなければいいのですが、なんだか座れないのが当たり前というのもちょっとなと思ってしまいます。関西や中京、九州の都市圏は転換クロスシートの通勤車が主流ですが、首都圏だけなんだか冷遇されている気がします、、やっぱり人口がその他の地域より多く、東京一極集中になっているからでしょうか。それならばサービス面にももっと力を入れてほしいですね、、笑
値段を上げてグレードも上げるというやり方では日ごろ利用している通勤列車はあまりこだわっていないのかもしれませんね、、

それではまた!!

コメント