8000系特急しおかぜ JR四国の話

スポンサーリンク
JR四国
スポンサーリンク
スポンサーリンク


特急しおかぜは8000系と8600系で運行されており、8000系は貫通、非貫通がありますが、岡山駅で非貫通型はホームの端に止まるので撮れないですね、、青が自由席、黄色が指定席、赤がグリーンのように区分けされているのを後から知りました。昔はまた違った塗装でしたが、リニューアルされて現在の形になっています。一部はアンパンマン列車として走っており時刻表にも掲載があります。岡山駅は四国への玄関口になっているので、JR西日本の車両と四国の車両を見ることができ、面白いです!

JR四国もコロナ禍で業績が悪く、運行本数の減便を行っているようですが、元々業績が良くないので、先行きがわかりませんね、、瀬戸大橋線だけ黒字という話を聞いたような気がします。ですが2700系の投入は行っているので、車両投資はしているんだなと思います。2000系も非貫通型はもう見れないので寂しいですね、、乗り心地は2700系の方がいいですが、、笑
2000系はトイレも和式なので使いづらく、かなり経年劣化していたのがわかりました。登場が1989年くらいだったと思うので、かなり使っているといえば使っているかと思います。それまで全然車両に変化が無かったのも考えてみると不思議ですね。

それではまた!!

コメント